食事療法でココロと身体を元気に!!

心と身体をつくる食べものについて〜食事療法で6歳息子の栄養不足改善を目指しています〜

今飲んでいるサプリメント

f:id:mouton1224:20200313040303j:image

 

サプリメントについて。

 


血液検査の結果を受けて、サプリメントの購入をしました。

 


結果と一緒にもらえるのが、サプリメントレポートというもので、どんなサプリメントが必要か載っているものです。

 


そこでは、

ビタミンb

ナイアシンアミド 

ビタミンD3

亜鉛

ビタミンC

ビタミンE

DHA

グルタミン

が必要とありました。

 


全てをサプリメントで摂るとなると、子供にも飲むのが負担になるし、価格も安くないので親の負担にもなると思い、お医者さんが最低はこの3つと言われた、ビタミンB、ナイアシンアミドビタミンDを購入しました。

 

1日の摂取上限を超える量が推奨されていて心配になったのですが、それこそが栄養療法なのだそう。

お医者さんは、2.3ヶ月続けると効果を感じると言われました。言い切っていたので、かなり期待してしまいます。

 

 

届いて早速息子に飲んでもらおうとすると、錠剤が大きくて、そのままだと全然飲めませんでした。

 


なので、砕いて「お薬飲めたね」で、ビタミンBのNB-Xとナイアシンアミド 250をなんとか飲むことができました。D5000ミセルは錠剤の中が液状なのでなかなか難しく、飲めてません。

 


またレポートに載っている再適量が、NB-Xは4粒、ナイアシンアミド250は3粒なのに、2粒づつしか飲めていません。

 


そのまま続けるか、再適量まで増やすか…。 それでも、一般的なサプリメントの量よりも多いと思うので、経過をみていきたいと思います。

我が子の気になるところ

現在の我が子の気になるところをメモしておきます。

 

2020.02

⚫︎不安なのか、親から離れない

公園でも常に近くにいるか確認する

姿がみえなくなるとかなり焦る

遠くへ(例えば公園のトイレや、マンションの自転車置き場など)一人で行けない

⚫︎外遊びがきらい

⚫︎消極的(失敗しそうならやらない)

⚫︎喋るのがとてもとてもゆっくり(普通に話せる時もある。クセ?)

⚫︎返事をしない事が多い

⚫︎先生や友達から話しかけられても、返事をしなかったり、「うん〜」という返事を目を見ずにしたりする。

⚫︎保育園のお友達とは遊べている

⚫︎マンションのお友達に話しかけられても返事しない、目も合わせない

⚫︎姿勢が悪い

⚫︎半年間で2回熱を出す

⚫︎爪を噛む

⚫︎言われてもすぐ行動に移せない(ご飯、お風呂、出かける、、、など)

⚫︎弟(次男)との喧嘩が多い(我慢ができない、譲れない)

⚫︎夕方目をこすって眠そうな時がある

⚫︎ぼーっとする

⚫︎集中力がない、他の事が気になる

⚫︎弟が間違った事をすると許せない

 

色々とありますが、良いところも沢山あります。

⚫︎保育園には楽しんで通っている

⚫︎保育園のお友達とは楽しく遊んでいる

⚫︎運動会もがんばっていて、他の子と同じようにできていた

⚫︎弟(三男)を可愛がる

⚫︎母が困っていると助けてくれる時もある

⚫︎スイミングを頑張っている

⚫︎弟(次男)に誕生日カードを書いてくれた

 

 

などなど。

 

不安症なところや、コミュニケーションが苦手なところ等が改善されれば良いなと思いますが、

なかなか難しい事だと思うので、あまり期待せず頑張っていきたいと思います。

 

その為の食事療法ではなく、健康になる為の食事療法という事で。

 

 

家族みんなで健康、元気になれたらいいな。

オーソモレキュラー栄養療法の血液検査の結果。

先日、オーソモレキュラー栄養療法を実施している病院で、6歳の息子の血液検査をしてもらいました。

 

4段階中、最低の結果

結果はA〜Dの4段階中、最低のD(要治療)でした。

食事には気をつかっていたつもりだったし、

息子はよく食べる子だったので、ショックな上に驚きを隠せませんでした。

 

だいたい朝ごはんは和食にして、ご飯+おかず+お味噌汁などを食べていたし、

夕食もほとんど和食で3品+お味噌汁という感じ。

 

なのに、最低評価になるんですね。

 

量が少ないのか、栄養の質が低いのか。。。

もっともっとよく考えて栄養のあるものを食べさせてあげないと。

 

 

結果内容は、

結果の内容を細かくお伝えすると、

注意度重度...無機リン、r-GTPクレアチニン、血清鉄、血清亜鉛、Zn/Cu、グリコアルブミン、フェリチン、MCV

注意度軽度...乳酸脱水素酵素、不飽和鉄結合能、CRP、白血球数、ALT、尿酸、総コレステロール、LDL-コレステロール中性脂肪ペプシノーゲン、25-OHビタミンD

と、沢山の項目で注意度が高かったです。

 

他の子供さんはどんな結果が出ているのでしょうか。

調べても他の方の結果がなかなか見あたらず、モヤモヤします。

 

でも人と比べても仕方ない。

食事内容を改善して、サプリメントも検討して、子供を身体から元気にしてあげないと。

母親である私が買った食材で子供の身体が作られるので、責任重大ですよね。

 

 

子供にとって大切な栄養素は、

オーソモレキュラー栄養療法での血液検査の結果には、

結果をふまえて、摂る必要がある栄養素も分かりやすく

表示されています。

 

我が子の場合だと、

1、ビタミンB1

2、ビタミンB6

3、ナイアシン

4、ビタミンD3

5、亜鉛

6、ビタミンC

7、ビタミンE

8、精製魚油

9、フェルラ酸

10、グルタミン

 

食事療法の内容は、

そのお医者さんから言われた食事療法の内容は、

⚫︎ジャンクフード、加工品を食べない

⚫︎肉魚を沢山食べる

⚫︎素材から栄養をとる

⚫︎お米を減らすより、小麦を減らす

⚫︎牛乳も飲まない方がいい

⚫︎卵は1日に2〜3個くらい食べてもいい

⚫︎外に出て日光を浴びる

というものでした。

 

どれも一応気にしてはいたけど、完璧にできていた訳ではないので、

心を入れ替えて、もっとストイックにしていかないといけないんだなぁと反省。

 

ひとつ全然できていないものがあるとしたら、小麦。

うどんやパンが大好きな息子。そこも減らしていかないと。